• トップ /
  • 家探しのために準備すべき費用

家探しのための準備

家探しのために準備すべき費用

家探しの初期費用を確認

賃貸で家探しをする場合、かかる費用は家賃だけというわけではありません。初期費用といわれるさまざまな費用がかかり、準備をしていないと借りられないということになりかねません。主だった初期費用の内訳は、敷金・礼金・仲介手数料、保険料などです。敷金・礼金は、地域によって呼び方が違ったり、制度が違う場合もあります。敷金は、大家さんに預けるお金で、家賃を滞納した時に備えたり、退去する時に借主の故意や過失によって生じた物件の汚損・破損を修復するために使われます。何もなければ、退去時に返還されるもので、おおむね家賃の1カ月から3カ月分とされています。礼金は、大家さんに謝礼として支払うものなので、返ってくることはありません。こちらは一般的に1~2ヶ月分といわれています。ただし、最近では敷金・礼金がないという物件もあります。仲介手数料は、契約が成立した時に不動産業者に支払うお金で、法律で賃料の1,08カ月分以内と決められています。保険料は、入居者に入ることが義務付けられている火災保険で、一般的には内訳として家財保険や借家人賠償責任保険が含まれています。ほかにも家探しの初期費用としては、前家賃といわれる次月分の家賃や、玄関の鍵の交換費用が求められることがあります。また、引っ越し費用も忘れてはいけないものです。家探しをするときは、かかる費用の内訳をきちんと確認し、準備することが肝心です。

バックナンバー

家探しの深い情報

↑PAGE TOP